リップル(XRP) 月足や長期足のチャート分析!

どうも、SACHIだよ〜(▰˘◡˘▰)

 

リップル(XRP)の長期足チャートでの分析をしてみたよ♪

ファンダがたくさん出ている中で、チャートがどんな状況にあるのかって言うのを確認しておくのも大事だよね。

1時間足の短期足で大きな反発があった時にこんな風に思うはず!

 

AさんAさん

どこまで上がるの?

BさんBさん

このあと、下がるの?

 

ある程度の目安を設けながら、今後の方向性と流れを把握することができるよ(▰˘◡˘▰)

長期足から戦略を落とし込んでいくので、ガチホの場合も大事な指標となります。

リップル(XRP) レジスタンスライン

抵抗線にぶつかると上昇を遮る売り圧との戦いが始まり、売り勢力に負ければ下落調整が行われます〜

抵抗線の強さのイメージとして、日足チャートにゾーマとバラモスを配置してみたよw

最近、PS4のドラクエ3を半年ぶりに再開したの=*^-^*=にこっ♪

 

長期足が上昇気配になる為に再戦することになる大ボスです(◍•ᴗ•◍)

 

チェックポイント
  • ピンク色(ゾーマ)→2018年に5連敗中
  • 紫色(バラモス)→ハッシュウォーから浮上

 

リップル(XRP) サポートライン

8月の安値28円はサポートラインとして機能しているよ♪

12月の安値32円もこのサポートのトレンドライン上にあり、大きな反発をしているのが分かると思います。

 

 

チェックポイント
3回跳ね返している
スポンサードリンク

日足チャートの分析

12月からの保ち合いから上放たれが失敗し、調整波が来ているところだね(´•̥ ω •̥` ‘)

青い線の売り蓋は抜いたものの、上ヒゲでかすってるだけで実体では抜いてない状態!

上ヒゲは押し戻しているサイン通り、下落に転じてます・・・。

 

なので、上昇に転じるには目先、青い線を突破し前高値である41.3円を実体で抜く必要があるね〜

そのあとにバラモスと再戦となります(◍•ᴗ•◍)

ちなみに12月24日のバイナンス XRP基軸で50円から押し戻してきたのもバラモスなのが分かるでしょ?w

 

それだけ売り圧が激しい強敵(´•̥ ω •̥` ‘)

言い換えれば売りたい人が多く、小競り合いが起きるポイントだと想定できます。

 

1/16現在の指標
日足の陽転サイン→44.2円付近

 

週足チャートの分析

次に週足チャートで見ると・・

 

ハイ・・・

下落トレンドの真っ只中です( ˘ω˘)スヤァ

 

右肩下がりとなり、高値が綺麗に切り下がってるよね!!!

ピンクの抵抗線で1年間跳ね返され続けてるのが分かるでしょ?

そしてピンク色はなぜ大魔王ゾーマなのか?よく分かるでしょw

 

年に5回挑んで5連敗してる難関なポイントなんだもん( ˘ω˘)スヤァ

そもそも戦う事自体が神イベントであり年に5回しか挑めてない訳だから〜

最後の戦いはハッシュウォーの手前であっさり負けて下落。

 

1/16現在の指標
・週足の陽転サイン→10/29から出てる
・週足の陰転サイン→34.2円付近

 

リップルは8月の最安値28円を割らなかったんだよ〜。

これにはツイートした通りの理由で値が戻り、9月〜10月は60円前後で推移できた事が大きい(▰˘◡˘▰)


と言う訳で、主要アルトの中では唯一リップル(XRP)がまだ週足は陽転サインを継続したまま♪

他の銘柄がハッシュウォーの影響で安値を更新しちゃった中、耐えてくれた〜♪

月足チャートの分析

月足は見ての通り真っ赤ですwww

2018年は4月9月しか緑の陽線がなかったでしょ( ˘ω˘)スヤァ

 

長期足である週足、月足は完全に下落トレンドなので全体的な流れは今、どうなのかよく分かるはず(▰˘◡˘▰)

 

1/16現在の指標
月足の陽転サイン→313.6円付近

 

スポンサードリンク

 

仮想通貨(暗号資産) 2019年1月〜2月 価格推移の予想

2019年1月現在、上述したチャート分析からリップルだけでなく暗号資産全体としても、まだまだ長期足の流れは下なのです( ˘ω˘)スヤァ

上に反発があったとしても、強い抵抗線にぶつかるとすぐ下に振れやすい状況になってしまってるよね。

 

現在の4時間足で、価格推移を予想してみるよ。

私が懸念してるのまだサポートラインを踏んでいないので、調整が終わってない可能性に注意しなければならない事かな。

 

緑へ向かうシナリオから押し戻されてから調整波Cが来るシナリオ。

あるいはそのまま下落するシナリオを想定したとすると、サポートラインで跳ね返せるか?が焦点と見ています。

 

サポートラインを割れば底値を探す展開になる「戻り売り主体の相場」が継続する認識です( ˘ω˘)スヤァ

将来的には3月から生まれてるピンクの抵抗線(ゾーマ)を突破できれば大相場が期待できるので、まずは日足からトレンド転換をして立て直していく必要があるね(▰˘◡˘▰)

 

目の前で揉めてる戦いに「買い勢力」が勝たない事には価格は上昇しないし、負けた場合は調整に時間がかかるので、再戦するにも時間を要します!!

そして再戦後も勝てるとは限らない事!!

 

こうした売買アルゴリズムを把握すれば、「相場は目先のバトル次第」と言う答えに行き着くはず(▰˘◡˘▰)

相場が決めた方向に私たちは対応して行くイメージ!!!!!

だからこそ、個々の投資スタイルに合わせて「こうなったらこうする」というプランを考えておくといいと思うよ♪

 

唯一、BITPointではXRPの現物取引でも逆指値注文の売りが可能なのでリスクヘッジができます(◍•ᴗ•◍)

指定した金額を下回ったら自動で注文が執行されるという予約注文だよ♪

 

チェックポイント
  • 逆指値(売り)→指定価格以下になったら売り注文が執行
  • 逆指値(買い)→指定価格以上になったら買い注文が執行

 

おすすめ取引所

私が使う4つの取引所
 
BITPointはリップル(XRP)も取引手数料0円口座開設無料です。  

10,000円相当がもらえるキャンペーン中だよ♪
 
 
→取引所のスプレッド比較(手数料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で