Weiss Ratingsとはどんな機関?

どうも、SACHIだよ〜(▰˘◡˘▰)

 

1月24日に発表される仮想通貨格付けに対して話題に昇るだろうね(‘ω’)ノ

 



何と言ってもこの仮想通貨格付けは直接価格に影響する可能性があるからヾ(o゚ェ゚o)ノ

ちょうど低調な時期なので、格付け後の結果次第ではBumpするコインもあるんじゃないかな。

 

で、この仮想通貨格付けを行ってる機関は「Weiss Ratings

 

引用:https://weissratings.com/

 

Weiss Ratingsとはどんな機関なのか?というと・・・

・場所はアメリカのフロリダ州にあって金融関連の独立系格付機関との事
・過去に55,000もの機関や投資を評価している実績もあるの。
・1971年にMartin D. Weiss博士によってWeiss Ratingsは創設された模様

 

金融格付けの公式機関なのだから影響力は大きいよね|д゚)

それに仮想通貨のコインを格付けするのは初なんだって(‘ω’)ノ

 

自動売買ができる取引所

 

仮想通貨格付けの目的

ボラの激しい仮想通貨市場の中で投資家の助けとしての判断材料になれば…

という事だと思うよ(‘ω’)ノ

 

チェックポイント
・各銘柄が過大評価されている事
・クラッシュする危険がある事
・市場は堅牢で公平な格付けが必要

 

仮想通貨格付け方法

チェックポイント
・ハードデータに基づいている
・各コインの技術に対して
・各コインの使い道に対して
・各コインの取引パターンに対して

 

仮想通貨格付け対象コイン

下記に連ねた銘柄はすべてでは無いみたいよ(*⁰▿⁰*)

「など」って綴られてる事から、何種類が格付け対象コインなのかは未定だね。

ざっと最低でも15種類以上という事になるけど( ˘ω˘ )

 

チェックポイント

・Bitcin
・Ethereum
・Ripple
・Bitcoin Cash
・Cardano
・NEM
・Litecoin
・Stellar
・EOS
・IOTA
・Dash
・NEO
・TRON
・Monero
・Bitcoin Gold

etc

 

 

XRPの取引手数料が0円

 

仮想通貨格付けの予想

時価総額ランキングに対して順位通りの格付けがなされるのかも気になる所でしょう(‘ω’)ノ

 

私の予想では単なる投機マネーになっていないか?

使い道はあるのか?という点に対してシビアに格付けするのだと思う。

なので、時価総額が低くても使い道がある実需コインに対して評価が高い気がするよ(*⁰▿⁰*)

 

その中でリップルやネムの評価は高いのではないかな?と思う( ˘ω˘ )

 

仮想通貨格付けの結果

仮想通貨格付けの発表が何時なのか?

日本時間では午前9時ではないよ~

 

仮想通貨格付けの日時
・1月24日 日本時間:23時

 

意外な結果に驚きを隠せない投資家も多いかもね\(^o^)/


おすすめ取引所

私が使う4つの取引所
 
銘柄の種類も多いZaifで売買すれば手数料0だから売買手数料で損する事がまずないの♪
板取引所ができるスプレッドなしでアルトコインやICOトークンも売買できるからZaifを重宝してるよ(▰˘◡˘▰)
 

リップルを手数料無料で板取引を行える取引所はbitbankだよ(▰˘◡˘▰)

コールドウォレット保管マルチシグ対応なので安全性は高いの♪

→取引所のスプレッド比較(手数料)