【初心者編】リップラーの意味!

どうも、SACHIだよ〜(▰˘◡˘▰)

 

私たちの間で勝手に本田組と呼ばれる本田圭佑さんのCM時期に新規参入したトレーダーさんも多いでしょう♪


意外と面白い視点でご質問を頂く事が増えたので、リップルに関する質問やXRPのトレード手法を書いて行きま〜す(◍•ᴗ•◍)

 

まずは【初心者編】のリップル関連の単語からです♪

仮想通貨を始めようとする人が目にするのは「リップラー」という単語だと思う。

リップラーの意味は意外と広義に渡るけれど、基本的には以下のような意味だよ(◍•ᴗ•◍)

 

チェックポイント
・リップル(XRP)を推している
・リップル(XRP)の保有割合が多い人

 

なので、ネイルにまでXRPを施してしまった私も完全にリップラーなので読んで頂いてる皆様、宜しくねw


仮想通貨と言えば、ビットコイン(BTC)が時価総額No.1 ではあるけど、日本国内ではリップル人気が高くて、周囲を見ていても女性の間で多く広まりつつあるんだよね(◍•ᴗ•◍)

 

自動売買ができる取引所

 

【初心者編】IYRKの意味!

その中で「IYRK」という言葉もツイッター上で目にすると思うの!!!

この元ネタは「いくで。やるで。リップル買い増しや。」という名フレーズが大人気になって

2017年5月頃からみんな、ツイッター上でメチャクチャ口癖のように呟いてたよwww

 

その中で、「いくで。やるで。リップル買い増しや。」をDAI語風にコンパクトに略したものが「IYRK」

チェックポイント
I(いくで) Y(やるで) R(リップル) K(買い増しや)

 

元ネタは100億PLAYERさんなの。

100億さんは投資のセンスだけでなく、笑いのセンスがある人なので私も大好きですw


リップラーを辿ると100億さんに行き着くよ(◍•ᴗ•◍)

 

【初心者編】リップル(XRP) 買い時!

リップルの買い時って案外難しいと思う。

というのも高値掴みをして結果、「リップルにやられた〜」って人も多いのが事実。

投資は「安い時に買って、高い時に売る」で利益を出すものだね。

 

なので友人から「リップルを買いたい」と相談される時は

「最初に見た価格よりも下がったら買ってみたら?」

というアドバイスするようにしてるの。

 

それでいつになるか分からなくても

「買値を上回った時に売るようにしてね」

ってね(◍•ᴗ•◍)

 

いきなりテクニカル指標を突きつけても、ややこしくなるだけだもん( ˘ω˘)スヤァ

 

XRPの取引手数料が0円

 

【中級者編】リップル(XRP) 買い増しタイミング!

逆に中級者の方はテクニカル手法で買い時を見つける方法もあるので、私がやってる手法を書いて行くね(◍•ᴗ•◍)

追加で買うことを「買い増し」というよね!!!

ところがこの買い増しタイミングって案外難しいでしょう?

 

買った途端にまだまだ下がるんじゃないの〜?って思って買えなかったりさ?

下がった時に買って気絶するのが一番ではあるのだけど・・・

どうせなら上昇トレンドの気配を感じた時に買いたいって人も多いと思う。

 

今回はテクニカルで買い時(買いサイン)を見つける方法を書いていくね!

言い換えれば「上昇トレンドの気配」を感じる方法だよ

 

移動平均線でリップルの買い時を見つける

下記のチャートはリップルの移動平均線(MA)を取引所「bitbank」のインジュケーターを使って表示させているよ♪

緑や赤のローソク足の間を波打ってチャートを描く黄色い線が移動平均線なの(◍•ᴗ•◍)

 

移動平均線とは?

チェックポイント
・一定期間の終値平均値を結んでグラフ化したもの

 

始値・終値とは?

 

この移動平均線をローソク足が下から上に抜けたら陽転の可能性が高まるんだよ〜

短期足ではなく日足で見るのが大事です(▰˘◡˘▰)

 

チェックポイント
  • 移動平均線を下から上に抜ける→上昇気配
  • 移動平均線を上から下に抜ける→下降気配

 

11月4日のリップル(XRP)の日足チャートを拡大して見たよ!!!

 

ピンクの矢印で示してる11月1日は移動平均線を下から上にローソク足が超えたのが分かるよね(◍•ᴗ•◍)

上値抵抗線を打ち破って上昇の気配があるという事!!!

 

但し、このチャートから見て取れるのはトレ転の気配があるのだけど、まだ完全に抜けきっていないこと。

本来は出来高が付いて、もっと長い陽線になるからね〜♪

そのあと、3日間停滞ながらも移動平均線の上で推移しています。

 

ということで11月4日現在はトレ転の気配がありながら雲に覆われている状態。

逆にローソク足が移動平均線を上から下に抜いた場合は下落傾向になります( ˘ω˘)スヤァ

 

雲は取引所「BITPoint(ビットポイント)」で毎日確認しているよ(◍•ᴗ•◍)

 

青い丸で囲んだ部分が雲の位置だよ〜

 

ローソク足より上に雲があるか、ローソク足が雲を抜けてるのか確認してみてね(◍•ᴗ•◍)

ちなみに現在で言えば、薄い雲にまだ覆われてるよね〜。

53円付近の抵抗線が雲を作っている模様!!!

 

BITPointでチャート種類を「一目均衡表」にプルダウンで変更すれば簡単に見れまーす

 

パラボリックでリップルの買い時を見つける

Bitbankパラボリック(SAR)を使うと買い時が割り出しやすくなるよ。

要するに上昇気配、下降気配を確認するテクニカル指標です(◍•ᴗ•◍)

虫が飛んでるような点線がローソク足とぶつかった時にトレ転起こりやすいの!

 

上のチャートでピンクの丸は下降を辿る点線が陽線のローソク足にぶつかったポイント

このピンク丸の直後は高い確率で上昇しているでしょう(◍•ᴗ•◍)

 

下のチャートは現在のビットコインキャッシュ(BCH)のパラボリック分析だよ。

 

飛び出した陽線に点線がぶつかった後、上昇トレンドに転じているでしょう?

これが買いサインというものです!!!

なので、私は直後にツイートしたよ〜!!!


 

現在のリップルの日足チャートも10月下旬にぶつかっているので上昇気配はあると思う。

まだうっすら雲があるので、すぐに抜け切らないんだよね。


 

逆に上昇を辿る点線が陰線のローソク足にぶつかった後は下落傾向にあります。

青い丸で囲んだ部分の前後を参考にして見てね(◍•ᴗ•◍)

 

現在のリップルの価格で言えば、45円付近まで下落すると、点線にぶつかってしまうの!!!

万が一触れた場合は一旦の下落を警戒するという感じになるよ( ˘ω˘)スヤァ

パラボリック指標
  • 点線が陰線にぶつかると陰転しやすい
  • 点線が陽線にぶつかると陽転しやすい

 

最後にリップルの週足でのパラボリック指標!!

青い丸は2018年(今年)1月、点線に触れて下落が開始した位置

現在のピンクの矢印はもう少しで点線に触れるでしょう(◍•ᴗ•◍)

 

このまま上昇した場合、点線に触れる価格は65円付近です。

 

日足だけでなく長期足もトレ転が近いという事が分かるね(◍•ᴗ•◍)

パラボリック(SAR)の表示させ方はBitbankにログイン後、下記の手順だよ〜。

 

テクニカル指標のまとめ

いくらチャートが良くても突発的な悪材料でチャートが壊れて急落しちゃうから注意してね

もちろん、金融庁からの発表があればその逆で急騰もあるから(*゚ー゚*)ポッ

テクニカルはあくまでも1つの指標でありテクニカルのみをアテにしないことが大事♪

 

11月4日のリップル(XRP)は「上昇気配は漂って来たけどまだ下に落ちる不安もあるよ」という位置。

買い増しタイミングとしては悪くは無いけどリスクも多少ある感じ。

人によってはもっと下がるのを待つという考えもあるだろうし、トレ転間近と見て多少のリスクあり気でここで買うという人もいると思う。

 

このまま上昇した場合は、更に下で待ってた人は買えない事になるので自分のタイミングを実践で掴んで見てね♪

 

ファンダの観点から言えばCC再開は果たされたけれど、まだ金融庁からの認可が降りないという部分が上に抜けきれないのかなぁという考察です!

 

整備が整えば上値も軽くなり好転すると思うので各自リスクを取りながら安いうちに仕込もうね♪

 

おすすめ取引所

私が使う4つの取引所
 
銘柄の種類も多いBITPointで売買すれば取引手数料0なのとXRPも簡単な操作で購入できるのがポイント♪
 

リップルを手数料無料で板取引を行える取引所はbitbankだよ(▰˘◡˘▰)

コールドウォレット保管マルチシグ対応なので安全性は高いの♪

→取引所のスプレッド比較(手数料)