2017年と2019年のリップルのチャート分析の比較

どうも、SACHIだよ〜(▰˘◡˘▰)

 

価格高騰しているトークンペイ(TPAY)についてチャート分析をしていくよ〜。


 

XRPの過去チャートとすごく似ているので比較して行きたいと思います(▰˘◡˘▰)

また、現在のXRPもTPAYの波動やチャート傾向が参考になるので追って行きます♪

トークンペイ(TPAY)  特徴【仮想通貨】

 

チェックポイント
・匿名通貨
・セキュリティ機能が充実
・375万枚は1年間ロックアップ
・XVGのVergeがアドバイザー

 

2017年12月、人気すぎて早期終了をして話題になったトークンペイ。

トークンペイの大きな特徴として紹介したいのが、銀行をプラットフォームにしたサービスの提供という点。

 

これにより、銀行プラットフォームを使用して、数分以内に世界中のどこででもリアルタイムの国際通信を行うことが可能になるの(*’ω’*)

 

また、Vergeの開発者がアドバイザーであったり、ライトコインと提携してる点もポイントかなと思います(▰˘◡˘▰)

 

スポンサードリンク

 

トークンペイ(TPAY) 2019年チャート分析・価格予想!

トークンペイ(TPAY)の価格が高騰し、エリオット波動で言う第3波が始まったよ〜。

 

次に6時間足チャートです。

8月下落から長期レンジで推移していたけれどお椀型のソーサーボトムになっているよね(◍•ᴗ•◍)

 

これ・・・XRPの過去チャートとの比較です

 

実はリップル(XRP)の2017年のチャートにものすごく似ていたので、年初から注目してたよ(◍•ᴗ•◍)

 

レンジになる場合、後半はお椀型のソーサーボトムから反転して行く事が多かったりするんだよね(◍•ᴗ•◍)

ソーサーボトムが見えてきたら安易にショートで構えると焼かれるパターンになるので注意!!

 

銘柄が違えど上がれば利確されるので、共通して下落調整が始まります。

大きく上昇した後に一旦下落すれば、買い場としての心理が生まれ「押し目買い」が行われるね。

こうした売買アルゴリズムはどの銘柄でも共通の心理がゆえに近い波動が形成される理論だよ(◍•ᴗ•◍)

 

それではリップル(XRP)2017年の上抜け後の波動を見て行くよ〜

 

日足で表示させているけど、強い陽線が出てから頂上まで約25日前後だったよ〜♪

 

チェックポイント
  • XRPの場合は押し目は2回!
  • 3波の延長の前に1週間の下落調整!
  • 4波は浅く4日程度の下落調整!

 

TPAYの価格予想をする上で、大事なのは抵抗線だね〜。

波の起点となった戻り高値を抜いた場合、調整を経てそれ以上に上がって行くケースが多いです。

必然的に安値が切り上げ、高値更新が行われるので、上昇トレンドの形になるよ♪

 

戻り高値を実体で抜けるかどうかを判断して行きます。

①のボックスレンジの高値32111satoshiを明確に抜いた事で抵抗線を突破し上抜けとなったよ〜♪

 

上抜け後にそこそこの調整が入ったのは② 8月の高値の49519satoshiです。

約7000satoshi下落してるよ〜。

 

前高値は利確が入りやすく意識されている証拠〜。

 

この調整後、第3波が延長する場合、③の83701satoshiまで上昇する可能性も出てくるね♪

 

さらに5月の最高値を超えた場合、青天井となるので2017年〜年始のXRPのようにチャートが壊れるレベルで高騰していくイメージも想定できます。

 

 

この場合の価格予想は底値と同レベルで専門家でもシビアになる案件です。

売り時のおおよその目安は「エリオットのカウント」や「移動平均線との乖離」、そして「ダイバージェンス」が起きたのを確認して売りサインから判断していく方法があるよ。

 

それぞれのインジケーターを使ったトレード手法は後日別記事で書いて行くね♪

ちなみに現在のXRPのチャートもトークンペイ(TPAY)の長期レンジからの反転に似てるので調整が入るポイントやどこまで上昇するのかを参考にできると思う(◍•ᴗ•◍)

 

 

トークンペイ(TPAY) 日本人が買える上場先の取引所

トークンペイは下記の数カ所に上場してるよ(◍•ᴗ•◍)

 

 

上場しているうち、日本人が登録して取引出来るのは限られてはいます〜(‘ω’)ノ

上述したチャート画像でも使っていて、出来高も多い「TOPBTC」がオススメです♪

TOPBTCは世界的に見ても取引量の多い取引所で、独自の取引所トークン「TOPBトークン」も発行してるの♪

 

取扱い銘柄は約30種類で、メジャーなBTCやETHからマイナーなコインが揃っています~!

 

トークンペイを保有する事でエアドロップを受けることができるメリットを次の項目で書くね(▰˘◡˘▰)

 

スポンサードリンク

 

仮想通貨EFINトークンとは?今後の将来性

トークンペイと密接である分散型取引所「EFIN DEX」にリップル(XRP)が上場するよー♪

 

EFIN DEXのオープンは4月予定です!!!

 

同時に取引所トークンEFINにも注目しています〜。

後述しているけど「TPAYホルダーにはEFINコインを配布する」というホルダー向けの特典もあるのです(*ノωノ)



 

  • 今後バイナンス上場は未定
  • TPAYホルダーにEFIN配布

 

 

EFINトークンについての概要は下記の通りだよ(/・ω・)/

 

チェックポイント
・最新の技術進歩を利用
・eFin分散資産交換プラットフォーム
・現代のコードベースを使用
・安全で高速でスケーラブル
・高度なプライバシー保護

 

1000EFINトークン プレゼント中

そんなEFINトークン、トークンペイのプロジェクトの一つである分散型取引所「eFIN DEX」にて口座開設の特典で1000EFINトークンがプレゼントされるよ〜♪

 

配布条件
・先着20万口座
・開設後に10回取引を行う

 

eFIN DEXで10回取引を行う事で1,000EFIN受け取れます!

 

運営側の狙いはトークンペイ(TPAY)の価格を安定させる為に、トレーダーがホールドするメリットも考えているのだと思います(▰˘◡˘▰)

 

EFINとパートナーになる特典

eFINでは運営側とパートナーになる事で取引所収益の62%が分配されたり様々な特典があるんだよ(▰˘◡˘▰)

 

パートナーには3つのプランがあってスタンダード以外は有料プランになるけれど、1ステーキングのEFINトークン獲得量が増える事や、登録時に多くのEFINトークンをボーナス特典があります。

 

スタンダード パートナー プラチナム
登録:無料 登録:年間295€ 登録:年間1995€
上限:25000パートナー 上限:100万パートナー
登録時:10万EFIN付与 登録時:110万EFIN付与
EFINでの取引手数料0.1% EFINでの取引手数料無料 EFINで取引手数料無料
ステーキング→年12EFIN ステーキング→60EFIN ステーキング→120EFIN
上場トークンのエアドロ 上場トークンのエアドロ
取引所収益62.5%の分配 取引所収益62.5%の分配
TPAYエコ収益分配

 

「ステーキング」とは

  • 「Proof of Stake」というアルゴリズムを採用の通貨のこと
  • コインを保有することで報酬をもらう行為をさす

 

パートナープラン

最初の5000パートナーまでは295€(約38,000円)だけど、それ以降、完売した場合は495€(約63,000円)に値上がりする仕組みです。

先着5000パートナーまでは登録料が安い事がポイント!

 

プラチナムプラン

登録料金が年間で1995€(約250,000円)なので割高です!

取引所収益の分配だけでなく「TPAYエコシステムの収益分配」の特権もあります。

 

EFIN DEX 登録方法

①「EFIN」にアクセスして「JOIN EFIN NOW」をクリックしてね♪

 

②下記の項目を入力して「Create Account」をクリックしてね♪

 

③メールが届くので開封して「URLリンク」クリックしてね。

 

※メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに入ってる可能性があるよ!!!

 

自分のダッシュボードへ飛ぶので上部に1,000EFIN確認できると思います♪(先着20万口座)

 

パートナー(有料プラン) 登録方法

ダッシュボードから、「BECOME A PARTNER」をクリックしてね♪

 

この画面に遷移するので「SECURE YOUR PARTNERSHIP」をクリックしてね♪

 

決済画面に飛ぶので、295€を支払います。

支払うコインを選択」して「Complete Checkout」をクリックしてね♪

 

表示されるコインの「送信通貨量」を「送信アドレス」に送信してね

ここではビットコイン(BTC)を選択しているよ〜。

 

支払い完了にてメールが来るよ♪

ダッシュボードのユーザーレベルが「STANDARD」から「PARTNER」に変わります(▰˘◡˘▰)

そして10万EFINが配布されてるのを確認してね♪

 

EFINトークンの買い方・購入方法!

今回のeFINトークンは「買う」のではなく「配布される」システムになってるよ。

トークンセールはありません」という発言もあったからね(‘ω’)

 

上記したように、トークンペイを保有して、エアドロップ待ってみてね(‘ω’)

eFIN DEXがオープンしてEFINトークンの取引自体がスタートすれば購入できると思うので、オープン後に加筆する予定です♪

 

おすすめ取引所

私が使う3つの取引所
 

→取引所のスプレッド比較(手数料)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で