どうも、SACHIだよ〜(▰˘◡˘▰)

 

この記事では「仮想通貨の展開を分析をする方法」を書いて見たよ〜♪

分析とは私情を抜きにして行う必要があるよね〜

どこか無機質で冷たいイメージですが、無心で冷静になる事が大切( ⊙᎑⊙ )

 

なので、リップルをひいき目に見ないように心がけています

 

ファンダメンタルズ分析とテクニカルテクニカル分析の違い

ファンダメンタルズ分析とは

BさんBさん

ファンダメンタルズって?

仮想通貨をやってるとツイッターなどで「ファンダが出た」と目にする事が多いと思う

このファンダとは株式投資でいう材料のことです( ੭ ・ᴗ・ )੭

 

材料とは、企業成長など投資家を刺激し得る助長だよね〜

仮想通貨の場合はコインの特性やそのプロジェクトなどで将来性を計る為の分析に使われるよ♪

テクニカル分析に対する指標としてファンダメンタルズ分析と呼ばれたりもするの٩(•ᴗ• ٩)

 

AさんAさん

良い材料があるのに何で下がるの?

上がれば人の取る行動は何かな?と常に考えます♪

答えは「利確」だよね〜( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

 

良い材料がある状況下でも、買値より上がればあなたも売る予定でしょ〜?

他人もみーんな同じ事考えてるから、利確(売り)が殺到すると価格が急落する仕組みなので〜す。

これを下落調整と言い、ファンダ分析ではなくテクニカル分析で見て行きますι(˙◁˙ )/

 

値動きを何でもファンダ分析するのは危険な理論はここから来ていたり・・・

ファンダ分析のやり方

AさんAさん

じゃあ、ファンダ分析はどうやるの?

具体的に私自身がファンダ分析を行った事例を書いてみるね〜

2018年6月に業務改善命令を出されていたマネックスG、社長のインタビュー内にて「コインチェックは豊富な銘柄が売り」という発言から、コインチェックに新規銘柄が上場する視点を持ったよ( ⊙᎑⊙ )


 

この時、CCから3銘柄の匿名コインが廃止となったので、補う為にも何かしら新規上場させたい心理が潜んでるでしょ〜。

そこから、金融庁が国内での上場を許していてCCでは取り扱いのない通貨を炙り出すと消去法でモナコイン に行き着く経緯からです( ・ᴗ・ )⚐⚑

 

ただし、ファンダ分析は実る時期を予測ができないので「待つ」という時間がすっごい長いです〜。

結果、2018年12月のファンダ分析が実ったのは2019年6月でした( ˙◊︎˙◞︎)◞︎


 

仮想通貨の情報を集めながら構想を練って行くと先回りして仕込む事もできるようになります〜

コツは「トレーダーってどういう出来事があったら買うのかな〜?

って意識されそうな事をひたすら考えて行く事だね〜(▰˘◡˘▰)

 

AさんAさん

「〇〇に上場しそう」だけど買われるのは上場日でなく発表された時点かな〜

BさんBさん

「半減期っていつも上がる」からその時期を狙ったトレーダーが多いなぁ〜

CさんCさん

「〇〇の取引所」は上場しても海外で小さい規模なので意識されなそう

AさんAさん

「XRPが使われる」は折り込み済みだけど、使われた次の展開は?

BさんBさん

「XRPが銀行に使われる」は折り込み済みだけど、実需が実ったら?

 

着眼点をこの世に出てない出来事に移して行くと・・・( ˙༥˙ )

「ファンダ積んでるのに、なぜ上がらない?」からは脱却できるはずだよ〜。

 

スポンサードリンク

テクニカル分析とは

AさんAさん

テクニカルってよく耳にするけど?

過去の値動きの動向を元にした分析で時系列で表示できる指標だよ♪

投資家の心理はチャートに表れるので、これまでの軌跡とも言えるよね

過去のチャートパターンから規則性やクセを見つける事ができま〜す。


 

チャートとは常に材料で動いてる訳ではなく・・・

ほとんどが「買い」と「売り」の一定のアルゴリズムで取引されています٩(•ᴗ• ٩)

その売買アルゴリズムを探って買い時や売り時を見つけることがテクニカル分析なのです!

 

テクニカル分析のやり方

CさんCさん

テクニカル分析って難しいの?

過去のデータを今後の値動きとして置き換えて予測するなど、取引所が用意してる指標を使えばいいと思いま〜す( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

指標は無数にあるので自分に合った分析方法を見つけるのに時間が掛かりますが、毎日チャートを見る事、下落時も目を背けずに法則を見て行く事が必要になってくるかな〜。

抵抗線、支持線の引き方などはこちらの記事で書いてるので参考になれば幸いです。

 

他にも活用できる指標やオシレータの見方などは今後書いて行く予定だよ〜

 

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析はどっちがいい?

AさんAさん

どっちの分析を行えばいいの?

このようなご質問を受けたことがあるので書いてみたよ〜♪

どっちも大事だし、同じくらい必要だと思ってま〜す⸝⸝⸝˘◡˘♡

 

チェックポイント
  • 材料ばっかりに偏っても実る時期が読めない
  • テクニカルのみだとデータだけの固定観念が危険

 

精度を上げるためにも、どっちも使って行きましょう〜♪

どちらも別物なので「お料理教室に通いながら、プログラミングを覚える」くらいのイメージ。

 

長期投資として大局観を描くにはファンダメンタルズ分析が適してます(◍•ᴗ•◍)

数ヶ月〜数年単位の相場の大まかな流れを予測する時にもファンダメンタルズ分析が有効です。

 

目先の展開の予測にはテクニカル分析を行って行きます。

価格が上がってきて「利確するタイミングを計るとき」、「売り時などを考える」にはテクニカル分析を行います。

 

わたしの中ではこの2つの使い分けが肝だと思うので、ウェイト調整を書いてみたよι(˙◁˙ )/

 

スポンサードリンク

 

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の融合

BさんBさん

2つを使い分ける意味は?

ファンダ分析とテクニカル分析を融合させて日々分析して行きま〜す♪

各々どのシーンで活用できるのかな?そのウェイト調整を大まかに書いて見たよ(∩❛ڡ❛∩)

 

コインを選ぶ時はファンダメンタルズ分析を行ってます♪

ポテンシャルがあって、投票率も高く、実用性や伸び代があるものを選びたいと思うのが投資家心理だもんね。

私の場合はXRPが銀行に使われる需要や将来の展開を考えて本命コインとして選びました⸝⸝⸝˘◡˘♡

 

詳しい理由はこちらの記事に書いたよ!

 

さらに現在も情報が出る度にファンダ分析を行い、既存材料から「まだ世の中に出てない出来事」を予測して行きます。

 

買い増ししよっかなぁ〜と思ったらテクニカル分析をするよ〜

「じゃあ今買おう」ってより、安い時を考えるからだよ〜。

それには売買アルゴリズムを調査し、買い時を炙り出していくのです。

 


 

SACHI流では需要が高くなるサポートラインで買って行きま〜す

上がり始めたら下落調整が来るので絶対に買わないです!

こんな感じで、テクニカル分析から買い時を判断していま〜す。

 

リスクリワード を考えてトレ転換前に買う方法はこちらで書きました( ੭ ・ᴗ・ )੭


 

ファンダとテクニカルのウェイト調整と割合


 

ファンダとはチャートをどれだけ歪めるか?ってゆー「スパイス」的な役割として考えているので

テクニカル分析の割合が高くなるんだよ〜

低迷期

チェックポイント
テクニカル分析:ファンダメンタルズ分析(8:2)

 

理由は低迷中って新規の買いが入りづらいので現トレーダー同士の取引になるんだよね。

トレーダーが見ているテクニカル指標を先回りすれば・・・

「買われすぎ」「売られすぎ」などオシレーターのシグナルが効きやすい傾向にあるよ〜

 

踊り場

チェックポイント
テクニカル分析:ファンダメンタルズ分析(5:5)

 

チャートが水平に向かい収束していくレンジ相場です

売りと買いが拮抗してるので、押せばどちらかに振れやすいです( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

三角保ち合いなどもセオリー通りに抜ける事も想定しつつ、ここでは材料が影響しやすいと見ています!

 

大相場突入

チェックポイント
テクニカル分析:ファンダメンタルズ分析(6:4)

 

買いが買いを呼び始める大相場だね〜

大手メディアでも高騰したとニュースになるレベル!!

新規ユーザーが買う理由はコインの既出材料や特性、人気で選ばれやすいです。

さらに買いたいタイミングで自由に参入するイメージがあるのでトレーダーが予期せぬ買いが入るという解釈もできます( ˙◊︎˙◞︎)◞︎

 

新規の買いが入る事で、現トレーダー同士の売買アルゴリズムを壊す事に繋がっているのだと思うんだよね。

テクニカルが効きづらくなるのでテクニカルの割合を差し引いて考えて行きます。

 

現に6月はRSIなどのオシレーターが効いてない事がありました。

ダイバージェンスが効かなかったり、上方ウェッジから落ちないで上に抜けたことから法則を破ってくるのです

大相場では玄人ほど不意にショートを握ってしまい焼かれる結末が多い気がするよ( ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )

 

これはビギナーズラックの法則と思っていて、私が現物ガチホ&スイングを推す理由だったりね〜


 

AさんAさん

そもそも大相場かどうかの見極めは?

 

これは難しいけど今はどんな相場なのか見極めないと始まらないしね〜。

でも大相場かどうかの明確な基準はないw

シグナルが効いてないことでそろそろかな?とか。

 

分かりやすいのは日経やテレビで高騰ニュースが取り扱われるようになったら大相場の判断で良いと思う


 

テクニカルだけに頼るとそれが敗因になるし、ファンダだけでも目先の買い時、売り時を捉えるのは難しいよね

ということから両方重要だと考えていて、シーンに応じて使い分けるウェイト調整が必要だなと思ったの

私も日々勉強しながら、反省点を活かしていければと思いま〜す⸝⸝⸝˘◡˘♡

 

 

おすすめ取引所

私が使う3つの取引所
 

→取引所のスプレッド比較(手数料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で