どうも、SACHIだよ〜(▰˘◡˘▰)

 

令和元年、価格が上がり始めると気持ちも高揚してくるので大台の価格も意識し始めるよね(▰˘◡˘▰)

それは人間の心理だもん当然だよね♪

私も同じ!( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

 

今回の記事では「リップルの今後の展開 2019年末〜2020年」を視野に入れて分析しています(◍´ꇴ`◍)

 

スポンサードリンク

 

リップル 令和元年 2019年内(年末) 100円?

リップルが100円に戻す可能性についての質問が多かったので記事にしたよ(*´°`*)

あくまでもSACHI流なので他の人とかなり違うと思う事を前提として書いておくね♪

「それも1つの意見か」と聞き流してください(▰˘◡˘▰)

 

AさんAさん

2019年内には100円に戻すかな?

BさんBさん

100円になるのはいつ?

 

うんうん・・・。

価格については一番気になる事だと思う(´•̥ ω •̥` ‘)

ただね、ここで考え方を変えないといけないのは・・・

「100円はいつ?」などの「いつ」という時間軸を目安にする視点を一回捨ててしまった方がいいかなと思うの(▰˘◡˘▰)

 

相場とは目先の小競り合いに勝たない事には価格が上がって行かないからだよ〜♪

負けたら調整に入るので、再戦するのに時間を要します。

そして、次の戦いで勝つとも限らないので時間での算出は難しいというのが答えなの(´•̥ ω •̥` ‘)

 

なかなか価格が上昇しない理由は「買い」と「売り」で意見が割れるポイントがあるからなんだよね〜!

私が普段からブログやツイートでの「抵抗線」とは売りと買いの小競り合いが起きそうなポイントを取り上げているんだよ〜( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )


いわば、買いと売りの意見がもっとも二つに分かれそうなポイントです。

 

意見が分かれるから、なかなか価格が上昇せずに上がったり下がったりを繰り返してレンジに入ったり、保ち合いの調整が行われる訳です。

抵抗線と支持線に挟まれた保ち合いが収束していく理論は大きく分かれてた意見が、買いと売りの中間の価格へと落ち着いていくからだね=*^-^*=にこっ♪


 

すぐ100円に回復しない最大理由は、長期足が下落トレンドだったと言う事を忘れないでね♪

それが好転しつつあるので可能性が高まりました♪

チャートを使って後述したので参考にしてみてください〜

 

 

リップル 将来の価格 1000円の可能性と根拠!

AさんAさん

リップルが1000円になる可能性は?

リップルが1000円になる可能性は当然あるけど!

反対に1000円に到達できない可能性も現実的にはある訳だよね〜

 

1000円を真っ向から否定するではなく、可能性をXRPの長期足を全期間をテクニカル分析をしてみたよ〜。

過去のチャートパターンからイメージを想定する事はできます(▰˘◡˘▰)

売買アルゴリズムから同じチャートパターンを繰り返す事があります。

 

投資の格言
「過去は最良の預言者なり」

 

あくまでも過去の事例からの分析で上目線のシナリオの1つとして認識して貰えればと思います。

もし長期が好転した場合、下の巨大なチャートパターンも繰り返される可能性もあると言う事です(▰˘◡˘▰)

2015年からの週足だけど、2つの波が似てるんだよね♪

 

長い調整を終えて大陽線を出した2017年3月(0.3円から50円までの反発)の延長戦がちょうど2019年の現在の波動に当たると考える事もできるの。

 

すると、同じような大陽線に恵まれる可能性もあるんだよね!

仮に同じ大陽線が出たとするね?

陽線の長さからして400円を超える事になるので1000円まで高騰するとすれば波のイメージはこんな感じになるよ(◍•ᴗ•◍)

 

世界的な大富豪(投資家)であるウォーレン・バフェット氏も下記のように指摘していた事があるよ!

「我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ」

 

ただ、9月24日のBTC暴落に連動して一旦はチャネルの下に抜けてしまったの。

その部分は週足のロウソク2本分が割っているのだけど、10月15日にもう一度チャネル内に戻りました。

 

一度、重要サポートを割ってから元のトレンドに復帰したのはXRPだけでなくFCT(ファクトム)も(◍•ᴗ•◍)

 

9月24日からのアルトの動向を見ていると本来の調整では割る予定ではなかったはずが、BTCに連動した為に割ってしまったと考えています。

 

1000円への可能性は0ではないけど、まずは目先の抵抗帯を倒して行く必要があるので目を向けるべき所は目先と言う事です(▰˘◡˘▰)

もしこの先400円を超える事があれば、今後の展開として考える前向きな1つのシナリオって感じだね♪

 

可能性の1つとして書いたけど「価格には根拠はない」というのが答えだよ(▰˘◡˘▰)

1000円の根拠を求めてしまうこと自体が間違いだったり・・・!!!

個人投資家の1人の意見や1人の資金で市場は動かないもんね〜( ˘ω˘)スヤァ

 

価格というのは市場参加者で決める事なので、「売りたい人」より「買いたい人」が超圧倒的に勝る状況になっていけば物理的に1000円になるだろうね♪

 

現在示唆されている大手証券会社ナスダック、フィデリティ上場など機関投資家の誘致が実現される事!

そしてXRPが銀行で使われ始めて流動性が飛躍的に上がる流れから「さらに買いが買いを呼ぶ現象」になっていくのではないかな〜と。

でも、こういう考えすら想定になってしまうので投資に根拠は求めないのが正解です。

 

可能性を考えながらリスクヘッジをしながら投資をするのが正しいと思います♪

投資先として怪しいと思った場合は、仮想通貨投資をオススメできません!

 

スポンサードリンク

 

リップル(暗号資産) 2020年 今後の見通し!

AさんAさん

仮想通貨って怖い・・・

BさんBさん

リップルって損するの?

 

現在では暗号資産に対して、一般的には上記のような声は多いと思います( ˘ω˘)スヤァ

 

リップルの豊富な材料の多くは既に市場に織り込み済みだと判断しているよ〜。

ところが大相場に入ると、新規ユーザーが入ってきます。

新規の目線は時価総額や人気、既出のプロジェクトなどです

 

なので大相場になれば既出材料も輝くと思ってます。

 

まずはメディアが報じたりテレビCMが流れることが理想的だよね〜♪

 

企業が広告を打つタイミングを予想するならビットコインの相場が基準となると思うけれど〜

 

BTCが104万に回復すればメディアが再び報じると思ってます!!!

企業も採算が合うように景気の良い時期を狙っているはずだよ(◍•ᴗ•◍)

 

  • 相場先行で上がる必要あり
  • テレビCM再開

 

以前から私がサポートラインで、リップル(XRP)を買い増ししていた理由は「市場が成熟する前に仕込みたかったから」なの(▰˘◡˘▰)

でも一般の意見はこうです。

 

CさんCさん

こんなに下げてるのに怖くて買えない!!!

 

しかし、実は逆だったりするんだよね(▰˘◡˘▰)

 

下がったら買うメリット
  • 高騰後は高値掴みの高リスク
  • 安く仕込むから利益のリターンが多い

 

 

2019年内は整備を進めて信頼を取り戻し、暗号資産としてのリスタートの認識!

2020年はXRPの実需(ODL(前xRapid)の実働)が実る未来を見据えています♪

そういう訳で私は2019年内〜2020年を視野に入れた長期上目線の投資スタイルだよ(▰˘◡˘▰)

 

リップル取引所の質問もあるけど私はハッキング被害が一度もなく板取引ができるのでbitbankを活用しています♪

 

登録方法はこちらの記事を参考にしてね!

 

おすすめ取引所

私が使う3つの取引所
 

→取引所のスプレッド比較(手数料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で