ロボアドバイザーの投資信託とは【ロボアド】

どうも、SACHIだよ〜(▰˘◡˘▰)

 

金融工学が発達して、投資商品が世にたくさん出回っているよね。

逆にたくさんありすぎて、初心者の人にとってはどれを選んでいいか、どうすればいいのか、迷ってしまうと思うの(▰˘◡˘▰)

 

去年から話題にAI(人工知能)を組み込んだロボットアドバイザーが通称ロボアドバイザーロボアドと略されて話題になってきてるし、ロボアドバイザーが本格化しつつあるんだよね♪

 


ロボアドバイザーはパソコンやスマホ上で適切な投資信託や資産運用のアドバイスをもらったりすることができるサービスなんだよ(▰˘◡˘▰)

 

スポンサードリンク

 

野村・テオ・SBI ウェルスナビの運用実績比較!

ロボアドバイザーを搭載している会社をご紹介するね♪

ロボアドにはアドバイス型と投資一任型に分かれているの!

 

ロボアド タイプ 運用手数料 最低投資額
ウェルナビ 投資一任型 1% 10万円
TEHO 1% 10万円
野村 アドバイス型 0% なし

 

野村のメリット・デメリット

野村のロボアドバイザーはアドバイス型のロボなんだよ。

約20個の質問に事前に答えることで、自分にあっ た金融商品をすぐに紹介してくれるの。

他に、ポー トフォリオを定期的に見直してくれる所はいいね。

 

あと、確定申告の必要がないのも助かるね。

デメリットは 野村のロボアドバイザーって金融商品の紹介はしてくれるけど、資産運用は自分でする必要があるんだよ。

 

TEHO(テオ)のメリット・デメリット

1万円から投資することができて、入金さえすれば後は もう何もしなくても全部やってくれるんだよ。

投資経験はまったく関係なし、こちらも確定申告は必要ないんだよ。

手数料は1%のみで、出金手数料は無料なの♪

 

デメリットはNISAに対応していないところかな。

あと、 資産運用方針の変更は可能だけど、手動で投資対象を直接変更することはできないから気をつけてね。

 

スポンサードリンク

 

SBI ウェルスナビのメリット・デメリット

ウェルスナビのいいところは、世界中の金融商品に適切 に分散投資してくれるところかな。

つまり、自分で投資 対象や分配の割合を考えたり、心配したりする必要がないんだよ。

全部やってくれるからね。

 

ただその中でも、 リスクのコントロールもきちんとできるようになっているところはいいところかな。他ではないサービスで、自 動税金最適化というのがあるんだよ。

 

配当などによって 生じる税を、含み損を実現し相殺したりして、翌年以降 に繰り延べしてくれる便利なサービスなんだよ。

 

デメリットはウェルスナビは利用できるところが4種類 あって、どこで申し込むかによってサービスが異なるので要注意が必要なんだよ。

 

SBIで申し込んだ場合は、お釣り投資サービス「マメタス」が利用できないんだよ。

便利なサービスだからここは改善してほしいね。

 

 

積立NISAのロボットアドバイザーは?

積立NISAとは年間40万円までの投資額にかかる運用益が非課税となる制度

その期間は20年間もあるんだよ。

税金がかからないというのは大きいよね。

 

そして、ロボアドバイザーで積立NISAに対応しているのはウェルスナビなんだよ。

しかも自動節税を行ってくれるのはロボアドの中で唯一なのもウェルスナビだけ(◍•ᴗ•◍)

 

ideco向けのロボットアドバイザーは?

2017年1月から原則全ての現役世代が加入できるようになったiDeCo(個人型確定拠出年金)向けのロボアドバイザーが主に利用できるのは下記の金融機関になるんだよ(▰˘◡˘▰)

それぞれ手数料の違いなどがあるから注意してね。

 

  • SBI-iDeCoロボ
  • MYDC
  • 岡三証券
  • マネックス証券

 

 

おすすめ取引所

私が使う4つの取引所
 
銘柄の種類も多いZaifで売買すれば手数料0だから売買手数料で損する事がまずないの♪
板取引所ができるスプレッドなしでアルトコインやICOトークンも売買できるからZaifを重宝してるよ(▰˘◡˘▰)
 

リップルを手数料無料で板取引を行える取引所はbitbankだよ(▰˘◡˘▰)

コールドウォレット保管マルチシグ対応なので安全性は高いの♪

→取引所のスプレッド比較(手数料)