キンコン西野さん 新仮想通貨L(レターポット) とは?

何かと炎上している(※私個人のイメージ)のキンコン西野さん。

 

はねるのトびら見てたな~!

いまはすっかり起業家の才能に目覚めちゃって

テレビではあまり見なくなっちゃったね( ˘ω˘ )

 

西野さんがテレビ出演に拘らない理由は後述した新書「革命のファンファーレ」に記載されてた。

隠れた戦略が見て取れるよ。

 

で。

そんなキンコン西野がなんと新仮想通貨

「L(レターポット)」

という通貨を作っちゃうとの事!!

 

仮想通貨と聞いて気になったので調べてみた(*⁰▿⁰*)

 

 

2017年10月1日放送のAbemaTV内で詳細が発表されたんだよ。

仮想通貨L(レターポット)とは何か?

 

チェックポイント
・手紙の通貨

 

分かりにくいから例を出すね。

 

仮想通貨L(レターポット)のテーマ

レターポットの中にレター(文字)が入ってるイメージ

 

「マネーゲームの為の通貨じゃなくて、人助けの為の通貨を作りたい!
文字をみんなで送り合う世界を作る」

 

上記のように立目的がしっかりあるよ(*”ω”*)

西野さんは先々のことまで考えてる~

 

一瞬で消える花火のようにすぐ消えてしまう物ではなく

レターポットに限らず長く続くコンテンツを意識しているんだってね。

 

スポンサードリンク

 

新仮想通貨L(レターポット) 使い道と特徴

簡単にレターポットについての特徴をまとめてみた。
チェックポイント
・手紙がお金になる
・文字を買う=Lコインを買う

・1文字10円(1L=10円)
・手紙を出すと文字数に応じた請求が来る
・受け取り側にLコインが与えられる

・Lコインは現金に両替可能

 

Lコインの送り手・受け取り側の例

1000文字分を買った場合、送り主には1,000円×10円=10,000円の請求が来る。

メッセージの受け取り側は1000L受け取れる(1000レター)

そして受け取った1000Lを10,000円に両替できる。

 

 

西野さんはAbemaTV内で以下のように例え話をしていたよ( ˘ω˘ )

例えば、東日本大震災の時にリンキン・パークというバンドがニコファーレってとこで、ライブしたんですよ。
ニコ生なので、文字数がすごいんですよ。
360度の画面の中に世界中から文字がたくさん集まったんですよ。

 

あれが、レターだったら東日本の人はもっと助かっただろうなって。
「東日本頑張れ」とか「東北頑張れ」とか何億文字とか何兆文字とかだったと思うんですよ。
あれがレターだったらすごい寄付になってたなと思って。

 

文字を振り込む。文字を通貨にした方が、信用経済においては、文字が一番いいんじゃないか。

 

使い道の例
・被災地へのメッセージ
・寄付金
・特別な人へのメッセージ

 

寄付金、支援金につながる事はレターポット自体のイメージが良いねぇ。

文字を大事にしているという点も斬新且つ年配者に受けそう。

 

これに関して詳細が発表されてから、ネット上では

 

「画期的」「発想が斬新」「天才」

などとまぁまぁな高評価(・∀・)

 

スポンサードリンク

 

新仮想通貨L(レターポット) 発行数の上限!

 

肝心の発行数ですが、これに関してはまだ詳細が発表されてないみたい( ˘ω˘ )

 

ちなみにビットコインの発行上限は2100万枚。

2017年5月の時点で現1600万ビットコインが採掘されてるけど

2100万に到達するのは2140年前後なんだってね( ˘ω˘ )

 

チェックポイント
・トークン
・発行上限があることで価値が高まる。

・価値が上がれば価格が上昇する
・価格が上がれば文字数に影響

 

価格が1レター10円から1レター50円に上昇した場合

同じ500文字送るにしても、5,000円から25,000円と差額が生じちゃうw

1レターの価格が上がれば文字数を減らさないと予算に収まらないもんね。

 

 

高騰時にレターポットを活用する場合、ものすっごい短い文章で送る人が多くなりそうw

「今のは痛かった、痛かったぞー」

こんな短い文章でも最低140円になるねw

 

 

芸能人が仮想通貨を発案したのもあって国内から浸透して何かと話題にはなること間違いないだろうね( ˘ω˘ )

イケダハヤトさんも絶賛しているよ(*⁰▿⁰*)

 

新仮想通貨L(レターポット) 買い方・購入方法

レターポットの買い方に関しても残念ながらまだ未定~。

 

価格変動のある仮想通貨は上場してる取引所を介して銀行やコンビニから入金して買うよね。

Jコインなど等価交換の仮想通貨は専用アプリがウォレット代わりになっていて電子マネーのチャージのような買い方になるはず。

 

でだ。

仮想通貨L(レターポット)はトークンに置き換える事ができるので価格変動があるのは間違いね。

西野さんの「マネーゲームだけではなく」とのコメントを考えると

「価格変動があるだけではなく」と受け取る事もできる!

 

 

変動アリなら来年発行されるSBIのSコインのように取引所で取り扱う事になるのかな。

西野さんのことだから何か面白いやり方でも考えてそう( ˘ω˘ )

これに関しては引き続き本人からSNSなど通じて進展があると思うから

目が離せないね~(‘ω’)ノ

 

「革命のファンファーレ」内容・感想

最初に書いておくね。

私は西野さんのファンではないの(▰˘◡˘▰)

このようにつぶやいた通り!

 

 

上述した仮想通貨L(レターポット)の発想が革新的だと思ったの♪

だから本を読んでみたいと思ったんだよね。

仮想通貨については著書では書かれてないよ!!!

 

文字を買って送信することで被災地への寄付もスムーズになる。

戦略的でありながらも復興などにも貢献できる

中でも印象的なのは「信用」を大事にしてる事だね

 

「テレビでまずい物をまずいと言うのは信頼が無くなる事」

理由は昔と違ってネットに答えが出てしまってるから

嘘をついた事が瞬時にバレて拡散されると信頼が落ちるという考え

 

そこまではっきり言えてしまうのは西野さんがスポンサー以外に構築した環境があるから。

テレビ出演が無くなっても食っていける環境がある訳

 

信頼を失くせばファンが減り収益が上がらない

でも信頼があればファンが増えて収益につながる環境にいる

テレビから姿を消したのもテレビが儲かる時代では無いのもあり

リスク分散をしていると感じるね。

 

私はファンでないからこそ「革命のファンファーレ」を買ってみた(▰˘◡˘▰)

ファンでない私自身の心が動けば面白いとは思ったので意外と◎

常に信用を心得てる人は読む必要なし?

 

仮想通貨L(レターポット)も「coincheck」や「bitFlyer」でも扱う日が来るのかな♪

 

 

おすすめ取引所

私が使う4つの取引所
コインチェック→FXで約定率高い
bitFlyer→BTGが11/1以降売買可能
Zaif→COMSAやICO、モナも板買い
bitbank→XRP、NEMも板買い

 

銘柄の種類も多いZaifを軸にして売買すれば手数料0だからで損する事がまずないの♪

板取引所ができるのしスプレッドなしでアルトコインやICOトークンも売買できるからZaifを重宝してるよ(▰˘◡˘▰)

 

 

コインチェック時価総額が高い主要銘柄が多いので仮想通貨を初めて登録するにはとっつきやすくい(▰˘◡˘▰)

チャットが賑やかなので情報収集&質問も出来るのでオススメ♪

 

→取引所のスプレッド比較(手数料)

仮想通貨 取引所の手数料比較!コインチェックとビットフライヤーは売買手数料高い?スプレッドが大きい?リップルで安いのはアルトコインFX【暗号通貨・coincheck・bitflyer】