仮想通貨 日本の取引所閉鎖

土曜の朝からアレなんだけどハラ減ったわ~

何か食べたい~

 

あ、そうそうアレ見なくちゃチャートね

もうここんところ、下落ばかりでつまらんねー

 

ヨコヨコで地固めは良い事よ

でもつまらん(●^ー^●)

 

このつまらん状況は中国の取引所閉鎖や・・・

マイニング規制のニュースでにっちもさっちもいかなくなってるんだなー

 

 

ビットコインもアルトコインもやられてるって訳

そんな中、輪を掛けて日本の国内取引所まで閉鎖だっていうんだから怖いでしょ

 

これマジだよ。

金融庁が審査をしてOKな取引所しか存続できないんだから

 

登録制の理由
・利用者保護

 

中国だけでなく、ロシアを初めとする各国への影響

そしてついに我が国、日本でも登録制が取り入れられる事となっちまったわい

 

何に影響するかって・・・

チャートだわwww

 

今から仮想通貨始める人からすれば「買いの時期」ではあるけど

う・・・うらやましい・・・

 

金融庁認可の取引所

 

日本の取引所休止・撤退する5社はどこ?

「日本の取引所閉鎖」となるとさ

自分が使ってる取引所もヤバイの?って怖いっしょ?

 

 

そもそも休止だけに留まらず、登録を取りやめて撤退した業者まであるんだってさ

 

日本の取引所の数
・約30事業者数

 

アレ?30社?

日本の取引所って結構あるんだね~

人気のコインチェックでさえ公的に認可がまだ降りてる訳じゃないのw

 

報道では日本の取引所の5社が登録手続きを取りやめたとの事

この5社はどこだって話w

仮想通貨交換事業からの撤退理由は以下の通り

 

撤退理由
・資金不足
・人手不足

 

結論は小規模な取引所のみ存続が厳しくなったって事

まだ撤退した取引所の社名は明かされてないけど

分かり次第更新します。

 

取引所トークン QASH上場

 

暗号通貨 登録制・金融庁の認可の審査基準・審査条件

金融庁が審査をしているとの事だけど

この審査基準が気になるところだよね

明確にされてはないけど・・・

 

業者の撤退理由や登録制の目的から察してまとめると以下の通りだわ

 

金融庁の審査基準
・十分な資金はあるか?
・情報提供システムの体制は整備されてるか?

 

いずれにせよ金融庁の認可が降りる条件は資金力だね

10月から施行されるこの登録制だけどさ

さらに事業を断念する業者も5社以外に増えるとの見通し・・・

 

言える事は小粒な取引業者だと危険だよ!!

潰れたら仮想通貨やお金は返還されるとの事だけど

今後登録する場合ひとまずスプレッドや手数料の事はヌキで安全面を考えた方がひとまずいいかも♪

 

現状、コインチェックビットフライヤーは経過を教えてくれてるから安心だね

コインチェックは主要アルトコインの銘柄も多い事

ビットフライヤーはトークンの銘柄も多い

 

金融庁の認可取引所一覧

 

9/29時点
・マネーパートナーズ
bitFlyer
・ビットバンク
・SBIバーチャル・カレンシーズ
・GMOコイン
・ビットトレード
・BTCボックス
・ビットポイントジャパン
・フィスコ仮想通貨取引所
・テックビューロ

 

→コインチェックの認可はいつ?

→おすすめ日本の認可の取引所ランキング

仮想通貨 日本語で取り扱いコインの種類多いところは?暗号通貨 取引所スプレッド・手数料や特徴を比較!

 

おすすめ取引所

私が使う4つの取引所
 
銘柄の種類も多いZaifで売買すれば手数料0だから売買手数料で損する事がまずないの♪
板取引所ができるスプレッドなしでアルトコインやICOトークンも売買できるからZaifを重宝してるよ(▰˘◡˘▰)
 

リップルを手数料無料で板取引を行える取引所はbitbankだよ(▰˘◡˘▰)

コールドウォレット保管マルチシグ対応なので安全性は高いの♪

→取引所のスプレッド比較(手数料)