R3社とはどんな会社?

なんだか最近「リップルが訴えられた」って事を目にするでしょう?

twitterやコインチェックのチャットなどでアンチの方に散々突っ込まれてるけど

このリップル訴訟問題に関する事実とR3社という会社についてまず説明するね

 

R3社とは何か?
・金融業界向けにアプリ開発してる共同事業体
・60社以上の世界的金融機関が参加している

 

このR3社がリップルとどのような関わりがあるのか?というと

XRPを用いて銀行間における国際送金の検証を行った事もR3社が関連している訳だ(・∀・)

 

自動売買ができる取引所

 

リップルがR3社に訴えられた理由はなぜ?

で、リップルにおいてR3社は大事な共同事業体(コンソーシアム)のはずなのに・・・

訴えられて訴訟問題になっている理由は何なのかが気になるよね?

R3社は9月8日までにリップルを提訴した事は事実でロイター通信で報道があった通り

 

訴訟の経緯はリップルとR3社の両社間で契約した内容をリップルが解約した事が理由のようだ

要するに締結した契約の解消なのでR3社としては「それは一方的だ」と納得行かず提訴した模様

下記の項目で訴訟問題の真相について詳しく書いたよ

 

XRPの取引手数料が0円

 

Ripple 提訴された原因と訴訟問題の真相

リップルが提訴された原因は上述の通り契約を解約した事。

それじゃリップルとR3社の間でどんな契約が結ばれていたのかをまとめたよ

 

RippleとR3社の契約内容
・1XRPあたり0.0085(約0.5円)ドルで購入できる権利付与
・購入上限:最大50億XRP
・購入期間:2019年9月までの間

 

しかしこの契約内容を解約したリップル社の理由としては「R3社のサービスや貢献度が低い」という見方が強まったみたいなの。

仕事のパフォーマンスが低ければ契約を続行できないってことでの解約なのでリップルにも理由がある訳だ

訴訟問題の真相を把握してないと、ニュースを見て「え?リップルが何かやらかしたの?」

ってびっくり仰天して投資中の方は夜も眠れないでしょう(・∀・)

 

訴訟の経緯
・リップルが契約解約
・R社が提訴
・リップルが反訴
・リップル勝訴

 

10月13日にリップルが法廷論争に勝訴した事が明らかになったよ(▰˘◡˘▰)

結論はR3社の0.0085で購入権利を放棄する形で決着のようだね。

 

XRP 仮想通貨市場への影響

裁判沙汰の最中、9月10日仮想通貨市場はそれどころではない大問題を抱えているのよねw

そもそも、中国の取引所閉鎖の可能性が強まっているので絶賛大暴落中ww

そんな中、問題のXRPはというと・・・

 

 

なぜか・・・XRPだけが大暴落中にプラスというwww

 

これには理由があるの(・∀・)

10月に開催される「SWELL」での会議内容が明日9月12日に発表になることで

ちょっとした好材料のリークもあり

それが本当なら好材料過ぎて月へ飛んで行きそう(・∀・)

 

後ほど更新予定です♪

今日も大暴落からのto the moon♪

 

おすすめ取引所

私が使う4つの取引所
 
銘柄の種類も多いZaifで売買すれば手数料0だから売買手数料で損する事がまずないの♪
板取引所ができるスプレッドなしでアルトコインやICOトークンも売買できるからZaifを重宝してるよ(▰˘◡˘▰)
 

リップルを手数料無料で板取引を行える取引所はbitbankだよ(▰˘◡˘▰)

コールドウォレット保管マルチシグ対応なので安全性は高いの♪

→取引所のスプレッド比較(手数料)